本ウェブサイト公開日:2007.1.14
一部追記:2007.3.10
旅行地の記録と訪問記


2005.5.13 北海道(奥尻郡奥尻町)

平成17/5/13(金)に日帰りで奥尻島局めぐりをしてきました。
遅くなりましたが、訪問記をアップさせていただきますので、よろしければお付き合いください。

【プロローグ】
北海道の離島5島16局の内、4島12局は平成15年6〜7月に訪れましたので、未訪は1島(奥尻島)4局だけになりました。
訪問の機会を窺っていましたが、この時期JALがキャンペーンを実施していておいしいので、5/13〜23のバーゲンフェアを利用して5/13(金)に日帰りで訪れることに決定!

 《主な対象キャンペーン一覧》

・「JAL ICチェックイン」ウェルカム搭乗キャンペーン:2/15〜5/15
 「期間中、Webチェックインをご利用の上、JALグループ国内線にご搭乗いただいた方にもれなくボーナスマイル100マイルを差し上げます。」「さらに、期間中にICカード、IC付携帯電話を利用し、「タッチ&ゴー」にてご搭乗された方には、初回に限り、1000マイルのウェルカムボーナスマイルを差し上げます。」

・JALなら飛ぶたびおトクキャンペーン:4/11〜7/14
 「期間中、JALグループ国内線対象運賃にてご搭乗いただくと、2回のご搭乗ごとにもれなく「JAL IC利用クーポン1,000円相当」をプレゼントします。」

・「JAL ICチェックインサービス」でステップアップボーナスマイルプレゼント:4/11〜7/14
 「JALグループ国内線に「JAL ICチェックインサービス」でご搭乗いただいた回数に応じて、1,000(3回)〜15,000(20回以上)のボーナスマイルをさしあげます。」(3〜6回:1,000マイル 7〜9回:4,000マイル 10〜19回:10,000マイル 20回以上:15,000マイル)

・国内線ダブルマイルキャンペーン:5/9〜8/8
 「期間中にJALグループ国内線に対象運賃でご搭乗いただいた方に、通常のフライトマイルの2倍のマイルを積算いたします。」

(注)予約時点で把握していたのは一部に過ぎず、多くは予約後に始まりました(^^;

奥尻空港発着便はADK(エアー北海道)の函館-奥尻便しかありませんので、ルートは「羽田-函館-奥尻」の往復に自動決定。(江差-奥尻と、瀬棚-奥尻の船便もありますが、日帰りという制約上、使いませんでした。)
JALホームページから羽田-函館往復の予約を入れ、3/22にJALカード決済。(なお、4/1搭乗分(羽田空港出発便、到着便、両方共)から「羽田空港国内線旅客施設使用料」100円(小人50円)が別途徴収されるようになり、5/13搭乗分が私の初支払いになりました。)
函館-奥尻往復は、予め予約の上、4/24に新千歳空港ANAカウンターでANAカードにより購入(ADK2回きっぷ)。
島内の足としてはレンタカーを使いたいところですが、大変高価だったり、空港に営業所がなかったりということで、二の足を踏んでしまいます。
島内滞在時間は6時間以上あり、奥尻町ホームページから奥尻町有バス時刻表を見てみると、4局を回るにはバスと徒歩でも時間的に大丈夫なようです。
よって、今回レンタカーは使いません。
旅程は次の通りです。

《17/5/13(金)》
羽田7:40発、函館9:00着         JAL1163便
函館9:30発、奥尻10:10着         ADK333便
奥尻島局めぐり(1局)
青苗郵便局前11:07発、奥尻十字街11:33着 奥尻町有バス
奥尻島局めぐり(1局)
バスセンター12:40発、宮津12:54着    奥尻町有バス
奥尻島局めぐり(1局)
宮津13:40発、バスセンター13:55着    奥尻町有バス
バスセンター14:20発、松江第一14:44着  奥尻町有バス
奥尻島局めぐり(1局)
松江第一15:59発、奥尻空港前16:15着   奥尻町有バス
奥尻16:35発、函館17:10着        ADK338便
函館19:40発、羽田21:00着        JAL1168便

なお、函館-奥尻便は欠航率が相対的に高い(全国地域航空システム推進協議会ホームページによると、平成17年度の就航率実績は84.0%)ようで、奥尻島へ渡れなかった場合に備え、バックアップ計画(函館市10局、茅部郡鹿部町全2局、亀田郡七飯町全7局、計19局)も作成しました。
予習は、インターネット上で実施。(特に、まっさんの1998/4/29〜30分が参考になりました。m(_ _)m)
今回は当直の振り替えでの平日休みを充てています。

基本メニューは、100円貯金、100円定額小為替2枚購入、日付印記念押印(風景印、和文印、欧文印)、切手類購入による領収証書収集、自動機明細収集、局舎写真撮影です。

付記
局種は、特記なき限り無特です。
★印は、無特の自動機標準稼働時間を示します。(平0900-1730 土0900-1230 日-)
(N***)は、自動機明細の取扱番号です。
< >内は、自動機による取扱時間です。
【 】内は、新郵便窓口事務機による発行No.と取扱時間です。



【平成17/5/13(金)曇り時々晴れ】
前日に実逓便作成。
5時頃起床し、JALが2/15からサービスを始めた「Webチェックイン」(搭乗当日の朝4時〜)を初体験。
復路は問題なくできたのですが、往路は受け付けてもらえません;;(Webチェックインのステップアップボーナスマイルキャンペーン期間中ですから、Webチェックイン回数が重要なわけです。)
北浦和6:09発の京浜東北線に乗車し、浦和、上野で乗り換え、浜松町6:51頃着。
往路のWebチェックインができないことについて浜松町駅の公衆電話からJALに問い合わせたところ、何と機材変更のためWebチェックインはできないとのこと。
確かに「使用する航空機の変更や天候によるチェックイン一時中止など、ご利用いただけない場合もございます。」という制約は明示されていて、仕方ないのですが、最初の便で利用できないとは、ついていません;;
浜松町7:00発のモノレール(快速)に乗って、羽田空港第1ビル7:18着。
2階自動チェックイン機でチェックインしようとしましたが、なぜか手続きできず、JGC(JALグローバルクラブ)カウンターへ。
事前座席指定では81A(最前列窓側)だったのですが、機材変更があったためか、定刻20分前を過ぎたためか、変更になってしまいました;;(「便出発20分前を過ぎると事前座席指定サービスにてご指定いただいた座席番号が変更になる場合がございます。」と明示されていますから、納得するしかありません。)
函館空港での乗継時間が基準ジャストの30分しかありませんので、申告し、ADK333便への乗継情報を端末から入れていただきました。
手荷物検査場が激しく混んでおり、15分弱の待ち。
15番ゲートからJAL1163便に乗り込み、クラスJの85A(前方窓側)に着席。
2人掛けシートの隣は、空席ではありませんでした。
定刻7:40発のところ7:50出発、8:04離陸。
函館定刻9:00着のところ9:08着陸、9:14到着。
ADK333便のチェックイン締切は9:15ですから、まずいです!!
ボーディングブリッジからターミナルに入ると、どうも乗り継ぎの通路はなく、出口に誘導されてしまう模様。
となるとまた手荷物検査場を通る羽目になりますし、何より時間的にやばいですから、JALのグランドホステスさんに申し出て、その場で待機。
待っている間、“奥尻へお乗り継ぎのシノハラカズヒロ様、1階カウンターでお手続きください。”的なアナウンスが流れました(^^;(待っていただけているようなので、乗り遅れということはないでしょうから、ほっとしました。)
数分後、秘密(でもないですが、このタイミングでは締切)の通路からADK333便のゲートへ通していただきました。m(_ _)m

奥尻にて
ADK(ANA)のグランドホステスさんに航空券を渡し、チェックイン済の搭乗整理券を受領。
搭乗整理券は、行き先、便名、日付がゴム印押で、懐かしい感じです。
ボーディングブリッジからではなく、一度外に出て徒歩で搭乗機へ。
初めてのADK便搭乗です!
ADK333便(19席)に乗り込み、5B(通路側)に着席。
結構混んでいます。
函館定刻9:30発のところ9:29出発、9:33離陸。


奥尻定刻10:10着のところ10:03着陸、10:04到着。
無事奥尻島に着き、バックアップ計画はお蔵入りです(^^;
滑走路新設工事が施工されている様子が上空から見えました。(800mから1,500mへ。既に旧滑走路から新滑走路へ約1年2か月前(平成16/3/18)に移行しており、残る700m分の工事が行われています。)
ターミナルは、新滑走路供用開始日と同日にオープンしたそうで、さすがにきれいです。

クリックすると拡大しますクリックすると拡大します
掲示されていたバス時刻表を見ると、予習時と変化はありませんでしたが、「学校休校日等は運休します。」とある便があり、念のため携帯電話で町役場(交通対策課)に確認。
今日は運休日ではないそうで、安堵しました。
復路便のチェックインを今行えるかカウンターで尋ねたところ、×とのこと。
バスの到着(16:15頃)がチェックイン締切(16:20)直前になってしまうので、その旨予告しておきました(^^;
さて、いよいよ奥尻島内局めぐりの開始ですが、今乗ってきた飛行機に接続するバスはなく、徒歩で1局目の青苗局へ向かいます。
天気は悪くないので大助かりですが、風が強いです。
下り坂を下りて、青苗の集落に到着。
言うまでもなく、奥尻島は1993/7/12の北海道南西沖地震により大きな被害が出た地であり、青苗地区は大津波と火災で何もかもがなくなってしまいました。
改めまして、被災された方々にお見舞い申し上げます。

●95010青苗局《あおなえ》(集特)(N022)3代目ATM-P(平0845-1800 土0900-1700 日-)<10:42>【No.959 10:52】風景印有(ここから奥尻郡奥尻町)
(左)青苗局
(左)青苗局 出典:「電子国土」 URL http://cyberjapan.jp/
南北に走る道道39号(奥尻島線)沿い、内陸側。郵便局前バス停隣。青苗診療所向かい。青苗中学校から南に350m程度。空港から路程1,900m程度。(駐車スペース有)
「POSTBASEv2」によると、平成8/6/24移転。
ターミナルから20分弱で到着しました。
和文印はインキ浸透式印と槌型印の2種有。
当訪問記作成時点の「郵便局・ATMのご案内」ホームページによると、自動機の取扱時間は(平0845-1800 土0900-1230 日-)で、訪問後に変更があったのかもしれません。
日本郵政公社から平成18/6/28付で発表された「集配拠点、郵便貯金・簡易生命保険の外務営業拠点の再編について」によると、平成18年10月に集配廃止(引継:奥尻局)の予定。(しかし、もう予定時期を過ぎていますので、引き続き調整中なのでしょうか。)
平成19/3/19集配廃止。(19/3/9公社ホームページ更新)【2007/3/10追記】

バスに乗って奥尻局へ。
青苗郵便局前定刻11:07発のところ11:11発。(整理券No.12)
奥尻十字街11:33着のところ11:35頃着。
奥尻局最寄りバス停がどこなのか、予習時に中々分からず苦労しましたが、奥尻十字街で合っていました。

●95003奥尻局《おくしり》(集特)(N037)2代目'ATM-P(平0845-1800 土日0900-1700)<11:38>【No.568 11:47】風景印有
(右)奥尻局
(右)奥尻局 出典:「電子国土」 URL http://cyberjapan.jp/
奥尻町役場前を東西に走る道沿い、北側。道道39号の信号(奥尻十字街の所)から西に120m程度。奥尻小学校から東に200m程度。(駐車場無)
同趣味の方(お2人)と遭遇しました(^^;
2年弱前(平成15/6/30)に問寒別局(天塩郡幌延町)で買った15/3/24(月)発売のエコーはがき(北海道-365:北海道郵政局貯金部)による実逓便64通を風景印で差し出し。(8:30頃までに差し出された分は江差行(多分、9:45発でしょう。)の船に載り、それ以降分は飛行機に載るそうです。)
2/15に長崎市内の局で60枚買った、グリーンジャンボ宝くじの換金(当選は300円×6本のみ;;)を実施。
和文印はインキ浸透式印と槌型印の2種有。

奥尻港 (右)フェリーターミナル ターミナル内
クリックすると拡大します クリックすると拡大します 奥尻港
    出典:「電子国土」 URL http://cyberjapan.jp/
徒歩で港(フェリーターミナル)へ向かい、約5分で到着。
次は、バスセンター12:40発のバスに乗り、宮津局へ向かいます。
やはり予習時に「バスセンター」の位置がよく分からなかったのですが、フェリーターミナル付近ではないかと目星を付けていたところ、本当にターミナルの真正面でした(^^;
ターミナルのそばにはお食事処が数軒あり、時間も少しあることですし、適当にその内の1軒(一休)へ。
イカ刺定食(1,000円也)を注文したところ、ご飯とイカがすごいボリュームで、びっくりしました。(おいしかったです!)

ニューひやま満足して店を出ると、丁度瀬棚行の船(12:40発)が出港するところでした。

バスセンター始発のバスに乗り込み、定刻12:40発のところ12:42発。
お客様は全部で3人。
バスセンターを出発後、町の中心部のバス停(奥尻十字街、奥尻小学校前、奥尻病院前)を巡回し、またバスセンター付近まで戻ってきて、やっと北上(^^;
宮津12:54着のところ12:58着。
料金箱に「回数券」の表示がありましたが、回数券は無いとのことでした。
バス停付近に局は見当たらず、局の位置ははっきりとは分からないものの、側道を適当に南下。
読みは当たり、静かな集落内に局を発見!

●95014宮津局《みやつ》(N006)立体ATM ★ <13:04>【No.736 13:08】
局標(〒マーク)
  出典:「電子国土」 URL http://cyberjapan.jp/
集落内を南北に走る細い道沿い、西側。宮津バス停から歩約3分。宮津小学校から北北東に900m程度。(駐車スペース有)(「郵便局・ATMのご案内」ホームページによると、駐車場無)
局の背後に、今通ってきた道道39号(高架)があります。
局標(〒マーク)が標準形とは異なっていました。
男性局員さんは先月(4月)から宮津局にいらしたそうで、“欧文印は無いかも・・”と言われていましたが、出てきて良かったです。
欧文印D欄が「043-14」。(正しくは「HOKKAIDO」)

宮津バス停に戻り、バスの到着を待ちます。
晴れ間が出てきて、暖かいです。
それにしても、聞こえるのは波の音ばかりで、静かです。
到着したバスに乗り込み、バスセンターへ。
定刻13:40発のところ13:43発。(整理券No.5)
仏沢までお客様は全部で1人(^^;
(バスセンターに割と近い)仏沢13:50着のところ13:51着。
終点のバスセンターまで乗った方が楽なのですが、また町の中心部をぐるっと回る必要もないですし、港の様子を撮ろうかとも思い、ここで降りました。
写真撮影をしつつ、徒歩でフェリーターミナルへ。
ターミナルの2階に上がると、お店があり、喫茶店にソフトクリームの看板が!
甘いものに目がない私ですので、(売り上げにも貢献しようと思い)つい注文してしまいました(^^;
おじさんによると3分位かかるそうで、でき上がって外へ出ると、何と!14:20発のバスが出てしまいました;;
あと1局残していますので、乗り遅れは非常にまずいです!!
というわけで、ソフトクリームを持ちながら、バスを追いかけます(^^;;(このバスも町の中心部をぐるっと回りますから、奥尻十字街(14:25発)で待っていれば、乗れるわけです。)

旧局舎クリックすると拡大します奥尻十字街
ぜーぜーしながら奥尻十字街バス停に着き、待合所(兼交通安全協会兼奥尻町内会会館)を見るともなく見ていると、「窓口お取扱い時間」「郵便・電報・電話」「貯金・保険」といった文字があります。
どうも、奥尻局旧局舎のようです(^^;
もちろん、カメラに収め、ソフトクリームを買ったお陰で、思いがけず旧局舎写真撮影を行うことができました(^^;;
到着したバスに乗り込み、松江簡易局へ。
定刻14:25発のところ14:27発。(整理券No.1)
途中で他のお客様は0になりました。
松江第一14:44着のところ14:47着。
松江簡易局最寄りバス停は「松江第一」「松江第二」のどちらなのか、予習時には分かりませんでしたが、青苗郵便局前-奥尻十字街の乗車時に、「松江第一」であることをチェック済でした。

●95701松江簡易局《まつえ》
  出典:「電子国土」 URL http://cyberjapan.jp/
海沿いを走る道道39号沿い、内陸側。松江第一バス停の所。(駐車場無)
民家併設で、職員の方は女性がお1人。(制服着用)
定額小為替以外はスムーズに処理が終わったのですが、端末のタッチパネルの調子が悪いそうで、定額小為替は取り扱えないとのこと;;(日計ができないためなのでしょう。)
監督局(青苗局)にも連絡済で、直るのは(月)になるそうです(--;
しかし、ここまで来て定額小為替を入手できないのも悲しいですから、(月)に発行の上、郵便で送っていただきたい旨お願いし、OK。m(_ _)m
切手類領収書は、一般の領収証(シチセイH140)を用い、住所、局名のゴム印と15mm×15mmの「松江簡易郵便局長印」角印を押印したもの。
郵便、貯金とも9〜15時で、1/4〜5、8/8(松江祭典)、8/13、12/30が休みです。
奥尻町内4局を完訪しました。(他に赤石簡易局《あかいし》がありましたが、昭和51/7/1廃止。)

この後は、松江第一15:59発のバスに乗って空港へ向かうわけですが、まだ15:12ですので、取りあえず歩きだします。
・・結局、バス(奥尻空港前16:15着)に追い抜かれることはなく、路程5.5km程度を歩き切り、空港16:10頃着(^^;
ちょっと暑い位で心地良かったですが、疲れました(^^;;
がら空きのカウンターでチェックイン。

ADK338便
往路同様、搭乗整理券は、機械ではなく手作業による発券。
手荷物検査場での検査は、機械ではなく開披検査(目視検査)でした(^^;
徒歩で搭乗機へ。
ADK338便(19席)に乗り込み、5C(窓側)に着席。
お客様は全部で5人(3列目1人、4列目1人、5列目2人、7列目1人)。
定刻16:35発のところ16:22出発、16:24離陸。
函館定刻17:10着のところ16:55着陸、16:57到着、徒歩でターミナルへ。
ターミナルは現在工事中(新ターミナルの供用は開始されていますが、全面オープンはまだで、暫定使用中。)で、JALラウンジもカードラウンジもありません;;
JAL1168便の出発まで2.5時間以上あり、時間を持て余しました;;
ターミナル内で、未読のままたまっていた「郵趣ウィークリー」を読み、今日のコレクションの整理を実施。
ターミナル3階のレストランで海鮮チャーハンと小倉パフェ(計1,510円也)を注文し、夕食タイム。(Edy決済)
時間になりましたので、手荷物検査場へ行き、「タッチ&ゴー」を初体験!
そして、5番ゲートでも「タッチ&ゴー」!
便利な気はしますが、ゲートで何も通さず、また何も受け取らないというのは、何となく不安になります(^^;
JAL1168便に乗り込み、クラスJの81A(最前列窓側)に着席。
旧スーパーシートで、2人掛けシートの隣は空いていました(^^)
定刻19:40発のところ19:39出発、19:48離陸。
羽田定刻21:00着のところ20:55着陸、21:00到着、ボーディングブリッジ使用(16番スポット)。
この搭乗により、5/31付で「国内線タッチアンドゴー初回搭乗ボーナスマイル」1,000マイルが付与されました(^^)
また、7/1付で「JALなら飛ぶたびおトクキャンペーン」による「JAL IC利用クーポン1,000円相当」が付与されました(^^)
21:09発のモノレールに乗って、浜松町、上野、浦和で乗り換え、22:30少し前に帰宅しました。
無事、計画通りの局数を回ることができ、北海道の離島5島16局が完訪になり、良かったです(^^)

《後日談》
その後奥尻空港の滑走路新設工事が終わり、平成18/3/25から滑走路長が1,500mになりました。
また、函館-奥尻便は、18/3/31限りでANA系のADK便の運航が終了し、翌4/1からJAL系のHAC(北海道エアシステム)による運航が始まりました。
これに伴い機材が大型化(36席)しましたが、1日1往復だけの運航になり、その点では不便になってしまったようです。

今回の訪問カウント局数:4局

羽田からの往復所要費用(飲食代、土産代、電話代等含まず)
 《飛行機・JAL》 24,700((11,350+クラスJ1,000)×2、eチケットレス割引)
 《飛行機・ADK》 24,120(12,060×2、ADK2回きっぷ)
 《バス》     1,650(620+270×2+490)
    計    50,470円

獲得マイル数
 《JAL1163便》1,194マイル(85%360マイル+ボーナス834マイル)
 《ADK333便》81マイル(100%74マイル+ボーナス7マイル)
 《ADK338便》81マイル(100%74マイル+ボーナス7マイル)
 《JAL1168便》1,294マイル(85%360マイル+ボーナス934マイル)

以上、長文にお付き合いいただきありがとうございました。m(_ _)m
また、関係の訪問記をアップくださった皆様にお礼申し上げます。



「旅行地の記録と訪問記」目次に戻る

トップページに戻る